スポンサーリンク

オリックス 2020年3月期決算発表!

投資関連
スポンサーリンク

2020年5月21日 オリックス(8591)の2020年3月期決算が発表されました。

管理人
管理人

管理人KANTAも保有している、高配当銘柄オリックスの今期の決算について確認していきます。

スポンサーリンク

オリックスの事業

オリックスは、リース事業からスタートした企業で、現在は多くの事業を手掛けながら多角的金融サービス業を提供している企業です。

プロ野球球団を所有することでも有名ですね。
事業の柱は以下の6つです。

法人金融サービス事業部門:金融、各種手数料ビジネス
メンテナンスリース事業部門:自動車リース・レンタカー・カーシェアリング、電子計測器・IT関連機器などのレン タルおよびリース
不動産事業部門:不動産開発・賃貸・管理、施設運営、不動産の資産運用
事業投資事業部門:環境エネルギー、企業投資、コンセッション
リテール事業部門:生命保険、銀行、カードローン
海外事業部門:アセットマネジメント、航空機・船舶関連、企業投資、金融

管理人
管理人

ちなみにあまり聞いたことがないけど、コンセッションって?

コンセッションとは、空港や道路・上下水道などの公共施設について、施設の所有権を公的機関に残したまま、運営を民間事業者が担う事業形態です。日本政府は経済活性化と財政健全化に向けてコンセッションを推進しており、オリックスもこの分野に注力しています。

オリックス ホームページより

関西国際空港、伊丹空港、神戸空港の運営や、浜松市の公共下水道終末処理場の運営をしているんだって。

管理人
管理人

へ~、はじめて知りました、、

それでは、決算についてみていきましょう。

2020年3月期の決算短信

経営成績

まずは経営成績です。

オリックス 2020年3月期  決算短信

営業収益、営業利益ともに2期連続の減収です。
1株あたりの当期純利益は若干減っていますが、黒字ですね。

セグメント別業績

現在の事業の主力は不動産、リテール、海外事業あたりですね。
今期は事業投資、海外事業が伸びています。

Avolonはアイルランドの大手航空機リース会社、NXT Capital Groupは米国の投資運用管理事業会社ですが、これらへの投資がうまくいったようですね。

キャッシュ・フロー(C/F)

続いてC/Fです。

本業での稼ぎを表す「営業活動によるC/F」前期よりも増収です。
C/F全体としてもプラスの収支です。

来期の業績予想

3.2021年3月期の連結業績目標(2020年4月1日~2021年3月31日) 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴う世界的な経済減速に伴い、業績の見通しが困難な状況が 続いています。このような状況を踏まえ、現時点では業績に与える影響に未確定要因が多いことから、2021年3月期 の連結業績予想につきましては、合理的に算定することが困難と判断し、未定としております。

オリックス 2020年3月期  決算短信 

今後の株価に影響を与える項目ですが、コロナウイルス感染症の影響で未確定要因が多く、未定となっています。

配当金

増配を続ける高配当株として有名なオリックスですが、今期の配当金は76円と期と同額でした。

配当利回りは2020年5月22日15時時点(株価1,377円)で5.77%です。

2021年3月の配当性向を50%としていますが、これはコロナウイルスの影響で減収を見通しつつも、配当は維持しようとしているためですね。

オリックスの株主優待

「ふるさと優待」は、オリックスグループの全国のお取引先が取り扱う商品を厳選してカタログギフトに仕立て、対象となる株主の皆さまに、その中からお好きな商品を1点お選びいただく株主優待制度です。また、100株以上を3年以上継続保有いただいている株主の皆さまには、ワンランク上のカタログギフトをお届けします。

※2019年ふるさと優待の対象は、2019年3月末時点の当社株主名簿に記載のある100株以上保有の国内居住の株主さま(ご本人さま以外への譲渡は不可)。

オリックス ホームページより
管理人
管理人

3年以上保有するとワンランク上の優待がもらえます。配当金も含めると魅力的な高配当株です。

まとめ

以上、オリックスの今期決算についてまとめました。
流動的要素はありながらも、多角的な事業内容がしっかり収益を確保し、株主に配当する姿勢の裏付けになっていると思いました。

管理人
管理人

2021年上期の配当金も前期と同額の予定なので、投資家にとってはひとまずは安心というところですね。

新型コロナウイルスの影響によって、その後の配当金がどうなるか?が注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました