スポンサーリンク

【妊娠と薬】旦那がうつ病で薬を飲んでたら?

妊婦・授乳婦
スポンサーリンク

わたしは何も薬は飲んでないんですが、旦那がうつ病の薬を毎日飲んでるんです。赤ちゃんに影響ありますか?

妊娠中の薬の服用にはかなり気を遣うもの。

女性が何も薬を飲んでいなくても旦那さん(パートナー)が薬を飲んでいたら、その影響が気になりますよね?

とりわけ旦那さんがうつ病の薬を飲んでいる場合の相談は yahoo知恵袋でも多いようです。

男性が飲んでいた薬の影響は女性に影響するのでしょうか?

今回は旦那さんが薬を飲んでいた場合の妊娠への影響についてまとめました。

【この記事を書いた人】

管理人
管理人

病院薬剤師です。薬について正しい情報を提供するように心がけています。

スポンサーリンク

旦那さんが服用した薬の影響

旦那さんが服用した薬が赤ちゃんに影響する原因としては

  • 薬が精子へ直接影響を与える
  • 精液を介して母体から薬が移行する

この2つのパターンが考えられます。

薬が精子へ直接影響を与える場合

まず薬が精子へ直接与える影響について考えます。

そのためには精子がどれくらいの期間で作られているかを知る必要があります。

精子ってできるまでどれくらいかかるか知っていますか?

ヒトの精子が形成される期間はおよそ70日間だそうです。

結構長いですよね。。

ですので、薬の影響を考慮するのは精子が受精する時点(排卵日:妊娠2週0日目)から70日前あたりに服用していた薬ということになります。

逆に言うと、70日よりずっと前に服用していた薬、あるいは受精直前に飲んでいた薬の影響は気にする必要はないということですね。

もし、薬の影響で精子に形態異常が起こったとしても、実際に受精に至るのは正常な精子で、形態異常のある精子は受精する能力がなかったり、受精したとしても着床しなかったりする可能性が高いです。

そもそも薬を服用していない状態であっても、射精時に放出される2~3億個の精子のうち20%程度には形態異常があると言われていますから、精子の異常がもともとなのか薬の影響なのかを区別をすることも難しいと思われます。

精液を介して母体から薬が移行する場合

精液に分泌された薬は、女性の膣粘膜から吸収される可能性がありますが、吸収されたとしてもごく微量であり、胎児への影響はないと考えて良いレベル、というのが一般的な考えです。

ただし、念のため精液移行のおそれがあるという理由で添付文書で男性に避妊が求められている薬があります。

以下のような薬を服用されている場合は、主治医に確認しましょう。

  • アザチオプリン(免疫抑制薬)
  • エトレチナート(角化症治療薬)
  • ガンシクロビル(抗ウイルス薬)
  • サリドマイド(抗悪性腫瘍薬)
  • タミバテロン(抗悪性腫瘍薬)
  • バルガンシクロビル(抗ウイルス薬)
  • ミグルスタット(ニーマン・ピック病C型治療薬)
  • メトトレキサート(抗リウマチ薬)
  • リバビリン(抗ウイルス薬)
  • レナリドミド(抗悪性腫瘍薬)
  • レフルノミド(抗リウマチ薬)

ちなみに新型コロナウイルスに対する治療薬?として話題のアビガンも催奇形性や精液への移行性がが懸念されている薬の一つでもあります。

【関連記事】アビガンの効果が期待されているのは「作用の仕組みが新しい」から

旦那が飲んでいた抗うつ薬の影響は?

では気になるうつ病の薬は大丈夫なのでしょうか?

結論を言うと、旦那さんが抗うつ薬を服用していたとしても赤ちゃんへの影響を心配する必要はありません。

抗うつ薬自体精液に移行しやすいという薬剤リストに入っていませんし、前述したように精子に影響を与えたとしても、その精子は受精能力がないか、あっても受精卵が着床しない可能性のほうが高いからです。

ちなみに女性側がうつ病で抗うつ薬を服用している場合には事情は少し違います。

妊娠初期の妊婦さんが主にSSRIと呼ばれる抗うつ薬を服用した場合に、赤ちゃんへの影響があるのでは?という報告が出て一時期世間を賑わせたことがありました。しかし、その後問題なかったとする報告も出ており、現時点でははっきりとした結論が出ていません。

ここではうつ病の薬がどのような影響を与えるかは不確定なことしか言えませんが、妊娠中の抗うつ薬の影響について心配するあまり、薬を自己中断することは禁物です。抗うつ薬を中止することによってかえって自分の体を危険に至らしめる場合があるからです。

抗うつ薬を継続するかどうか、妊娠を継続するかどうかは個々に状況が異なりますので、必ず主治医に相談しましょう。

【関連記事】【妊娠と薬】妊娠三週目に薬を飲んでいたことに気づいたら

まとめ

旦那さんが薬を飲んでいたときの考え方についてまとめました。

たとえ旦那さんがうつ病薬を飲んでいたとしても、その影響を心配するほどのことはないということが分かりましたね。

逆に妊婦さん自身が抗うつ薬を飲む場合は少し慎重にはなる必要があるかもしれません。

妊娠と薬の関係は自己判断が難しい場合が多いので、くれぐれも自己判断せず、専門家に相談しましょう。間違った情報に惑わされて安易に妊娠を中断するようなことのないように。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました