感染症

感染症

【認定薬剤師を取ろう】外来抗感染症薬認定薬剤師のすすめ

認定薬剤師を目指したいけど、何がいいかな 感染症に興味があるなら、外来抗感染症薬認定薬剤師っていうのがあるよ 認定薬剤師に興味はありますか? 認定薬剤師はスキルアップを目指す薬剤師なら一度は挑戦してみたい資格。 ...
CKD

【腎機能とコロナ治療薬】透析患者でも使用できる?

医師 ラゲブリオって透析患者さんに使えます?他の薬はどうですか? 薬剤師 えーっと…どうだったかな コロナ治療薬を使う機会が増えてきています。 透析患者さんはコロナ感染による重症化リスクが高いと言われていますので、実...
感染症

【3回目ワクチン】ファイザーとモデルナどっちが良いの?

オミクロン株が広がりを見せるなか、3回目のワクチン接種が急がれています。 1回目、2回目はファイザーだったけど3回目もファイザー打ちたいな モデルナなら空きがあるらしいけど‥ 3回目打つならどちらのワクチンが良い...
感染症

【子供用コロナワクチン】大人用は使えない?取扱い方法の違いは?

オミクロン株が急速な広がりをみせています。 ワクチン未接種の子供たちへの感染も増えており、一刻も早い子供たちへのワクチン接種が急がれます。 2022年1月21日、厚生労働省より「コミナティ筋注5~11歳用」が特例承認されました...
感染症

オミクロン株とインフルエンザの感染力、致死率の違いは?

オミクロン株、どちらかというとインフルエンザに近くて軽症が多いっていうけど それなら大したことなさそうね オミクロン株が猛威を奮っています。 一方で軽症で済む、インフルエンザに近いという報道を聞いて、そんなに怖く...
感染症

【コロナ治療薬】パクスロビドは相互作用チェックが大事!

新型コロナウイルスの経口治療薬といえばこれまでに多くの薬が出ては消え… 【関連記事】【コロナ治療薬の光と影】消えていった薬、話題の新薬 そんな中、2021年12月23日に米国FDAが新型コロナウイルス経口治療薬パクスロビドを承...
感染症

【コロナワクチン】5~11歳の小さい子供たちの副反応は?

5歳~11歳の小さいお子さんに対してもコロナワクチンが打てるようになります。しかし小さい子供に接種したあとの副反応が心配という親御さんも多いのでは?小さいお子さんにファイザーワクチンを接種した際の副反応のデータについて解説します。
感染症

【コロナワクチン】3回目接種の副反応は2回目よりつらい?

3回目のワクチン追加接種が検討されています。2回目がつらかった人の中には3回目の接種がもっとつらかったらどうしようと、ためらう人もいるのでは?2回目と3回目の副反応に違いはあるのか?どの種類のワクチンを打つのか?について解説します。
感染症

モルヌピラビルの特徴は?薬剤師からみた注意すべき点

世界初となる経口のコロナ治療薬モルヌピラビルが登場します。モルヌピラビルにはどんな特徴があるのか?効果・副作用は?薬剤師からみた注意点は何か?について解説します。
感染症

【コロナ治療薬の光と影】消えていった薬、話題の新薬

コロナ治療薬が話題です。思い返せばさまざまな治療薬が効くと言われてきましたが、実用化されているのはほんの一部にすぎません。かつて巷を騒がせた治療薬たちを振り返るとともに話題の新薬についても解説します。
タイトルとURLをコピーしました