スポンサーリンク

次亜塩素酸水スプレー?噴霧?新型コロナウイルスに対する効果

次亜塩素酸水 新型コロナウイルスに対する効果感染症
スポンサーリンク
このページの要点

・次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは違うもの

・消毒薬は基本的に毒物。噴霧もスプレーも良くない。

・世の中には「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸水のようなもの」がある

・新型コロナウイルスに次亜塩素酸水は効果なし

次亜塩素酸水の噴霧が良くないっていうニュースが話題ですね。

管理人
管理人

次亜塩素酸水についてはいろいろ誤解があるみたいですから整理していきたいと思います。

スポンサーリンク

話題の発端

話の発端は、2020年5月29日のこのニュースです。

「次亜塩素酸水」現時点では有効性は確認されず NITEが公表

NITE=製品評価技術基盤機構は、新型コロナウイルスの消毒目的で利用が広がっている「次亜塩素酸水」について、現時点では有効性は確認されていないとする中間結果を公表しました。専門家は、噴霧での使用は安全性について科学的な根拠が示されていないなどとして、注意を呼びかけています。

NHKニュース 2020年5月29日

これを受けて全国各地で次亜塩素酸水の使用を取りやめるところが相次いでいます。
さらに2020年6月5日には、文科省からも教育委員会に対して通知が出ました。

「次亜塩素酸水」子どもいる空間で噴霧しないよう通知 文科省

新型コロナウイルスの消毒目的で学校などで利用されている「次亜塩素酸水」について、文部科学省は現時点で有効性がまだ十分確認されていないとして、子どもたちがいる空間では噴霧器での散布などは行わないよう教育委員会などに通知しました。

NHKニュース 2020年6月5日

「次亜塩素酸ナトリウム」と「次亜塩素酸水」

今回話題になっているのは「次亜塩素酸水」ですが、混同しがちなものに「次亜塩素酸ナトリウム」があります。

まず、この2つは違うものであることを確認しましょう。

次亜塩素酸ナトリウム

有名なのは、漂白剤のハイター、赤ちゃんの哺乳瓶の消毒に使うミルトンです。
病院ではピューラックスやテキサントという医薬品を使用しています。
病院や介護施設の環境や医療器具の消毒に汎用しています。

特に、ノロウイルスや芽胞をつくる細菌に対してはエタノールが無効と言われているため、次亜塩素酸ナトリウムを使うことが推奨されています。

塩素の臭いが強烈なので分かると思いますが、適切な濃度に希釈して使用しなくてはいけませんし、皮膚粘膜への刺激性や金属の腐食性があることに注意が必要です。

次亜塩素酸水

一方、次亜塩素酸水はwikipediaによると以下のように記載があります。

次亜塩素酸水 (Hypochlorous Acid Water)は、食品加工等の分野において洗浄・消毒用途などで使用される食品添加物(殺菌料)である[4]次亜塩素酸ナトリウムとは異なるものである。専用の装置を使用し、塩化ナトリウム (NaCl)水溶液、塩酸 (HCl)水、あるいは塩酸塩化ナトリウムの混合液を電気分解することで、次亜塩素酸 (HClO)を主成分とする次亜塩素酸水をつくることができる[3]。生成装置の種類によって生成する次亜塩素酸水の物性が異なる[3]。 生成装置については、「JIS B 8701 次亜塩素酸水生成装置」を参照のこと[7]

wikipediaより
管理人
管理人

食品に使用されるので安全そうではありますが、専用の装置を使用して作られること、装置によってできる次亜塩素酸水の濃度やpHが異なる、ということですね。

このように両者が異なるものであることを覚えておきましょう。

消毒薬は毒物

次に基本的なことをおさえておきたいと思います。

消毒は「病原体など有害な微生物を除去、死滅、無害化させること」です。
対象となる微生物を広くカバーできるものを高水準消毒薬、中程度のものを中水準消毒薬、狭いものを低水準消毒薬といいます。

高水準であればあるほど人体にも有害で、呼吸器系や眼の粘膜を刺激し、化学熱傷を生じさせます。そのため、医療現場では特殊な環境でしか使用しない、十分防護を行うなどの対策をとっています。
低水準であっても誤って飲用してしまえば人体には有害です。

ですので、基本的に消毒薬は毒物であるという認識が必要です。

後ほども述べますが、次亜塩素酸水を噴霧することや人に向かってスプレーすることは体内に毒物を吸い込んでしまう危険性があるのでおススメできません。

NITEの見解

NITE=製品評価技術基盤機構の次亜塩素酸水についての見解は、以下のようにファクトシートにまとめらています。

https://www.nite.go.jp/data/000109500.pdf

要点としては次のようになります。

NITEの見解

・製法や原料についての表示が不十分
・液性、濃度、成分の表示が不十分
・有効性や安全性の根拠が不十分
・使用上の注意喚起が不十分
・有効性を維持するための注意事項が不十分
・消費者の誤解を招く表現や法令違反のおそれがある

要するにまだ良く分かっていない、根拠が不十分な点が多いということです。

(2020年9月5日追記)

2020年9月1日、北里研究所から新型コロナウイルスに対する消毒薬の効果を検証した結果が報告されました。

その結果、日常生活で使用するハンドソープや台所用洗剤では十分な効果を認めた一方、次亜塩素酸水の効果は不十分であると判定されました。

北里研究所HPより https://www.kitasato.ac.jp/jp/news/20200901-01.html

   

管理人
管理人

結局のところ、新型コロナウイルスに対して次亜塩素酸水を使うより家庭用洗剤やハンドソープで十分ということです。

「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸水のようなもの」

現時点では新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の効果ははっきりしていませんが、それを別にして次亜塩素酸水は2種類に分けられます

①きちんとした製造工程でつくられ、保管状況も適切である次亜塩素酸水
②それ以外=次亜塩素酸水のようなもの

多くの場面ではきちんとした製造工程であるか、保管状況が適切かという判断は素人にはできませんので出所が分からないものは②と考えた方がよいでしょう。

あなたが出所が良く分からないものを使う根拠は何ですか?

    

環境表面の清掃か、噴霧か

最後に用途です。

前述したように、次亜塩素酸ナトリウムに関しては環境表面はOKです。(ただし金属は腐食するので✖、木材も効果が減弱すると言われています)

次亜塩素酸水については新型コロナウイルスへの有効性が否定された現時点ではもはや使用用途は見つかりません。

消毒薬の噴霧についてですが、基本的に消毒薬は毒物であるため、WHOや国内の感染症に関係する学会でも推奨されていません。吸入することによる人体への影響が懸念されるからです。

噴霧は直ちにやめましょう。

日本薬剤師会作成の動画も参考にどうぞ。

新しい生活様式における学校の衛生管理(環境消毒編)

基本は手洗い

管理人
管理人

ここ大事です!

手指消毒に消毒薬を使うのは「あくまでも医療現場や外出先での話」です。

日常的に流水・石鹸が使用できる状況であれば消毒薬は必要ありません。

正しい知識をもって新型コロナと向き合いましょう。

この記事は2020年9月5日現在の情報に基づいています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました